血糖値を知れば健康意識も高まります

血液内のグルコース、つまりブドウ糖の濃度を表す言葉として、血糖値と言う物があります。

健康な人間の場合、80から100mg/dlが正常な数値であり、食後はやや数値が上がったのち、緩やかに下降していきます。
非常に狭い範囲の中で保たれているこの数値を変化させる代表物質として、インスリンとグルカゴンがありますが、インスリンは値を下げる物であり、グルカゴンは数値を上げる物です。

マイナビニュース情報選びを親身になってアドバイスいたします。

また、グルコースなども単糖類としては認知度も高いブドウ糖ですが、重要なエネルギー源である変わりに、高濃度のグルコースは健康障害を引き起こす為、インスリンによって一定濃度に保たれているのが人体です。
健康な状態であっても、極端に偏った食事や、不規則な時間に食事を摂る生活をしていると、この血糖値に変化が見られます。
清涼飲料水を多量摂取すると、高血糖状態になり、その状態が続くようになると糖尿病へと変化します。



その前段階の状態をペットボトル症候群とも呼びます。

また、過度なダイエットで食事を摂らないでいると、低血糖を起こし、最悪の場合は昏睡状態に陥ります。

血糖値サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

いずれの状態も食生活に問題がある状態から始まる物ですが、高血糖症や糖尿病への第1歩になるため、健全な食生活を心がける必要があります。


自分の血糖値を知りたい場合や、食後の数値の上がり方を知りたい場合などには、市販されている計測器などを活用する事で知る事が出来、健康維持にも役立てる事が出来ます。